川西市 3歳からの食育 ママとこども料理教室 つなぐキッチン

MENU

プロフィール

やまだかよ(つなぐキッチン主宰

1983年生まれ。大阪府出身。兵庫県在住。
2001年兵庫県立川西緑台高等学校 卒業。
2005年大阪市立大学 生活科学部 居住環境学科 卒業。

大学で住居学を学び、照明器具メーカーに就職。
2007年 メーカーを退職し、ロンドンに語学留学。翌年、父が59歳にて、大腸癌で他界。

2008年 ロンドンから帰国後、化学分析会社に就職。ほどなくして、母の子宮癌が発覚。

2011年 結婚、2013年に第一子(長女)出産。

この頃、悪化してきた母の闘病生活を目の当たりにして、食の大切さに気付く。

2016年 母が59歳にて、他界。その2ヶ月後、第二子(長男)を出産。

病気になってからの食養生ではなく、小さい頃からの食の大切さを痛感し、本格的に学び始める。

そして、幼い我が子たちにどう伝えていくか悩んでいるとき、医療費削減型 食育を提唱している、「ゆる和食」の栗山小夜子先生に出会う。

そこで、こどもたちに正しい食を伝えていく「こども料理教室」の存在を知り、第二子の育児休暇中に「講師養成講座」を受講・卒業。

2017年6月 初レッスン開催。
その後、川西の自宅にて「こども料理教室 キッズ・イン・ザ・キッチン」をスタート。

2018年 会社に復帰したが、この頃、「こども料理教室」をライフワークとして主軸にしていくことを決意。会社勤めを卒業し、本格的に「こども料理教室」の運営を始める。

2019年 教室名を「つなぐキッチン」に改め、心身ともに輝ける健やかな未来のため、「こども」と「食」をつなぐ活動を行っている。

※現在まで、のべ700名以上のお子さまがレッスンに参加。

※より詳しいMy Storyをブログに綴っています。

My Story
こども料理教室「つなぐキッチン」・やまだ かよさんインタビュー